スポンサーサイト

Posted by スコーピオンならのん on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少年との紅色の出会い

Posted by スコーピオンならのん on 04.2013 2 comments 0 trackback
明日葉の過去
強い日差しを浴び、草木が勢いよく成長する
東の海 小さな村
これはそんな真夏の物語

兵揃いで渡航は困難とされている『東の海』
しかし最近は 奇妙に凶暴化した海賊で溢れかえっている
このことに疑問を抱いた青年 シードル・オークランスは
ある小さな村へと立ち寄っていた

東の海に浮かぶ島国
そこの村には麻薬を栽培している家族がいるという噂
これ以上無駄な乱戦を控えるべく 青年は噂の家族の元へ訪れた

最初に目にしたのは広大な畑
生えている草は穏やかなものではないだろう
その草に囲まれて 栽培していたのは小さな少年
穢れを知らず 唯植物の成長を嬉々と見守る瞳
青年は不思議そうに少年を見る
少年は彼の存在に気付き 無邪気に言う
「お客様ですか?それでしたら此の家へお入り下さい」
己の犯罪行為に気付いていないのか 解っているのか
被害者を誘うその手はあまりにも小さすぎた

「その草は麻薬だ 多くの犠牲者を出している」
青年は冷徹に言い放った
戸惑う少年を背に 両親がいるであろう家へと向かった
しかし 彼は気付くことができなかった
自分よりも先に事態を重くみた海軍がここへ来ていたはずだ
だが今でも平然と麻薬栽培は続いている
その意味に…

「お待ちなさい」
青年が振り返る間もなく 背中に衝撃を受けた
一瞬では何も理解できなかったが 気がついたら自分は地に伏していた
と同時に悪寒に襲われる そしてだんだんと痛みを感じた
少年の持つ血塗れの小型の鎌を見て
鮮やかに 撫で斬られたのだと把握する
暫くして青年 シードル・オークランスは
完全に意識を失ったーー
スポンサーサイト
Category :
 HOME 
▲ top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。